FG工法・RC工法について

ロイヤルウッドは主にFG工法とRC工法を取り入れています。
どちらも質が高く耐震性、耐久性に優れた最高級の住居を建てるための工法となっています。

まずFG工法について紹介したいと思います。
ロイヤルウッドのFG工法は、木の優しさと技術の強さをミックスさせたもの。
長年の経験と実績によって生み出された質の高い技術を駆使して、自然の大切さと優しさを扱います。
強いのに柔軟性のある軸組構造にすることで、木が本来持っている強さを最大限発揮させています。
そしてただ建築基準法をクリアするだけではなく、柱の場所や材質の選択段階からすべて徹底した管理をすることで、これ以上ない頑強な家づくりを実現させているのです。

マニュアルを見てどの住居も同じ構造にするのではなく、それぞれの住宅ごとに強度を計算して最も良い強度になるように設計しています。
この設計は非常に重要です。
もともと日本は木を使った家が多く、今現在も木の家を求める人は非常に多いです。
木造住宅にはたくさんのメリットがあり、自由度の高さもその人気の秘訣となっています。
ただ強度にあまりこだわらずに設計してしまうと、デザイン性が高い家が出来たとしてもその分耐震性が低くなってしまうケースも少なくありません。
ロイヤルウッドではデザイン性も機能性も高く、そして安全性も高い住居だけを提供しています。
そのためにはこの強度の解析による設計は絶対に欠かせない作業となっています。

それからRC工法ですが、こちらは非常に高い性能を持つ鉄筋コンクリート住宅を作る方法です。
ロイヤルウッドでは地盤調査の段階から非常に厳しい試験を行い、徹底的に調査と研究を重ねて工事に入ります。
地盤調査の段階で手を抜いてしまえば、いくら頑丈な鉄筋コンクリート住宅であっても生涯の安全性を保障することはできません。
ボーリング調査を行い、掘削地盤確認をし、砕石を敷くまでに時間をかけて丁寧に間違いのないよう、確実な作業が行われています。

RC工法の住宅は夢のようなデザインのものが多く、それでいて機能性が充実していてまさに安心で安全の快適な住居と言えます。
何十年先もいつまでも快適に家族が生活できるような空間を作り出してくれると思います。

ロイヤルウッドは木のぬくもりを大切にし、そして家を建てたい人の理想の家を現実のものにする手助けをしてくれます。
これ以上ない高級感ある住宅で暮らし、家族全員が毎日笑顔で居心地の良さを実感することで、家族の絆もどんどん深まっていくのだと思います。