ロイヤルウッドのブランドプロミス「02 家族の絆を深める。」について

   

ロイヤルウッドのブランドプロミスとして二つ目に掲げられているのが「家族の絆を深める。」というものです。これから注文住宅を建てるというときには家族構成が変化したタイミングや、少し仕事などが落ち着いてこれから家族でずっと暮らしていく空間を作り上げようというタイミングでしょう。家族で仲良く暮らしていけるような住宅にしたいという気持ちがあっても、なかなか難しいのが事実です。

家族の誰もが住まいに対して求めているものがあり、それらの全てに折り合いをつけなければならないからに他なりません。具体的に全員で団欒しやすい広々としたリビングを理想としたい、趣味を楽しめる書斎を作りたい、ガーデニングができる庭が欲しいといったプランがあるときには、その全てを織り込めるような設計を考えてくれます。限られた予算と土地で全員の要望を叶えるのは困難なことが多いですが、住宅の設計という角度から不可能を可能にしてくれると期待できるのがロイヤルウッドの魅力です。

一方で、今まで家族のコミュニケーションが疎遠になってしまっていたから改善したい、両親との同居を始めるのにうまく関係づくりをできるかどうかが普段だといった状況でも、住宅のデザインから家族の絆を作り出せるようにするようにしてくれるでしょう。家族のコミュニケーションの機会を増やすためには顔を合わせる機会を増やすのが大切であり、帰宅したら必ずリビングを通るような間取りを設計することができます。庭にスペースが有るなら家族で楽しめる空間を作り出すために庭のデザインを考案したり、リビングに集まりやすいように開放感のある部屋に仕立て上げたりしてくれるかもしれません。また、両親が快適に住める住宅にするという考え方からバリアフリーの設計をするということもできるでしょう。

家族の関係は個々に異なるので、それに合わせて住宅のデザインを行わなければなりません。ロイヤルウッドでは家庭からの声に応じてそれぞれに合った形でのプランの提案を基本にしています。自然にコミュニケーションが豊かになって家族の絆が深まっていくように、家族の一人一人の声を反映させた住宅を作り上げてくれるでしょう。家族関係があまりうまくいっていないときにもロイヤルウッドを信頼して住宅を建てると状況が一転すると期待できます。今までずっと良好な円満な関係を築いてきたという場合にはさらに家族の絆を深めていくことができるでしょう。"

 - 最近の投稿